logo
logo

日本からグローバル新産業を創出する

GROOVE X の採用情報ページへようこそ!

募集職種はページ下部のボタンよりご覧ください。

【ミッション・ビジョン】

ミッション:ロボティクスで、人間のちからを引き出す

ビジョン:人間とロボットの信頼関係を築き、生活を潤いと安心で満たす存在をつくる

【事業内容:家族型ロボット(らぼっと)の開発】

私たちGROOVE X(ぐるーぶ えっくす)は2015年に設立したスタートアップです。 GROOVE Xの考えるロボットは、人の代わりに仕事をして生産性を高めるロボットではなく、人々の心を満たし生活に潤いを与えるようなロボットです。

そんな想いの元、4年の歳月をかけて開発をしたのが家族型ロボットのLOVOT(らぼっと)です。

【GX Spirits(私たちが働くうえで大切にしている価値観)】

1. 一歩先を見据えているか。

2. 真剣に楽しもう。

3. 早く試して、早く学ぼう。

4. 個人の強みを見つけて、チームの強みにしよう。

5. 声を出そう。声を聴こう。

6. ユーザーの笑顔のために、現場へ行こう。

 

これらは数年前有志の社員が集まって考えた、私たちが働く上で大切にしたいと思っている共通の価値観です。

この文言には働くにあたっての私たちらしさが詰まっています。

【主要なカルチャー(私たちが働く上で大切にしている行動)】

・コミュニケーションを大切にし、チームで協力をして目標達成をすること

・情報をオープンにし、立場や役割関係なく議論をすること

・自分自身を律し、主体的に動くこと

 

 

私たちは、部門間の垣根をできるだけ下げ、目的ごとに柔軟に変化する「チーム」が複数存在する形で組織が成り立っています。また開発領域においてはマネージャーがいないフラットな組織となっています。

私たちが行っている事業は前例がなく、各領域の専門家が協力して課題解決をする必要があるためこのような組織としています。

 

こういった環境であるため、チームで協働して目標を達成することを大切にしています。心理的安全性を築いていけるよう、積極的にコミュニケーションを取ることも推奨しています。

 

また、ロボットの事業は様々な要素が複雑に絡み合っているため、各領域のメンバーが協力することが必要不可欠です。そのため、情報は社内でオープンにし、多様な専門性を持つメンバーが議論をしながら進めることを大事にしています。

 

更に、マネージャーがいない組織であるため、各人が自分を律し、当事者意識をもって働くことが求められます。