『何を創るかより誰と創るか 』〜IT技術を活用し、共に新しい価値創造しませんか〜