logo
logo

2023年新卒採用 求人一覧

2023年新卒採用 求人一覧

47 件中 1-10 件を表示
job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンド坂戸保育園|23年4月入職

◇◆【レイモンド坂戸保育園の魅力を紹介します】◇◆
【まるで美術館】木の温もり漂う園舎
【光のトンネル】ガラス張りの天井から陽光が降り注ぐ空間
【手作り】棚や衝立、園庭の築山まで!
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNS

拠点 レイモンド坂戸保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンド汐見丘保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【科学する心を育てる】2020年度「ソニー財団教育支援プログラム」にて入選
【園庭もある】都心には珍しい恵まれた環境
【学童保育が併設】アトリエや保護者と語らうCaf?れもんなど
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

拠点 レイモンド汐見丘保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンドみらい園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【地域に貢献】保育園・児童クラブ・病児保育を運営
【心と身体を育てる保育】リズム運動・ラジオ体操・スイミング
【子ども本位の保育】大人が押し付けるのではなく、子どもがやりたいことに夢中になれる
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

◇◆【レイモンドみらい園の魅力を紹介します】◇◆

*:.,.:*地域に必要とされる存在へ*:.,.:*
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「レイモンドみらい園」は、大津市の中心部にある都市型保育園です。建物はマンション型で1階、2階が保育園。3階は定員40名の児童クラブと、同フロアに病児保育も運営しています。一時預かりと児童クラブ、そして病児保育という複合型保育園として地域のニーズの応え、「ここにレイモンドみらい園があって良かったね」と皆さんに感じていただける、かけがえのない存在でありたいと願っています。

*:.,.:*心と身体をバランスよく育てる保育*:.,.:*
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当園では、子どもの心と身体と知的面をバランスよく育てる保育内容の一つとして、日々の保育の中でリズム運動を取り入れているほか、5月~10月にはスイミング活動、また、毎朝、ラジオ体操も行っており、年長組が当番制で計測もしています。
英語で天気や自己紹介を行う取り組みも行っており、「英語に親しむ」環境も創れています。
みらい園でメダカを飼育したこともありました。メダカをどうやって育てていくのか、みんなで調べながら、成長を楽しみにお世話をしています。
卵が産まれた時は、手に取って触り、固いものだけを別の水槽にいれていくことを知りました。卵が固いものだとは知らず、そっと触ってもつぶれないことに子ども達もビックリ!
数日して、卵の中に黒い点々が見えると、「これは何だろう?」と興味深々。これが、メダカの赤ちゃんの目だと分かると、驚いていた様子です。赤ちゃんが誕生するシーンを見ることができると、みんな大歓声!目を細めないと見えないほどの小さな赤ちゃんをみて、芽を細めながら慈しむ姿がありました。命の大切さを間近で感じながら 大切に育てていきました。


◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるように導くのが、当園の保育士の役割です。

拠点 レイモンドみらい園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンド庄中保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【デザイン賞受賞】様々な賞を受賞したアートな空間
【創造性を育む】手作りの園庭や子どもの作品が溢れる室内
【地域密着】住民の方々との交流や保護者のボランティアも
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

*:.,.:*様々な賞を受賞したアートな園舎*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
レイモンド庄中保育園は、愛知県尾張旭市の郊外に建つ、0歳から5歳までの140人の児童を預かる保育園です。子供たちの生活を連続した時間であるととらえた空間設計。保育士が作った物語を話し、子供たちがその続きを考えるといった立体的な絵本のような空間が広がっています。2013年度こども環境学会デザイン賞、2013年度日本建築学会学会選集
グッドデザイン賞、第6回キッズデザイン賞優秀賞、JCD賞 Best100など、様々な賞を受賞している建物です。
園舎にはキャラクターの貼り紙などは一切ありません。光を受けて輝くモビールや陶製のレリーフを空間に配し、ガラスのパーティションにはイラストが描かれています。子どもたちは感性が刺激され、自分たちでモビールを追加したり、イラストの木に紙で作った葉っぱを貼り付けていくなど、思い思いに楽しんでいます。
また、園庭にはブランコや滑り台といった遊具ではなく、子供たちが自ら遊び方を創造するオリジナル遊具があります。大きなトンネルは、子どもたちのお気に入り。砂場も昨年、砂を入れ替えてフカフカです。開園10年となり、ファミリーレイモンドのボランティアの皆さんに、テラスのペンキ塗り替えをお手伝いいただきました。卒園した子どもたちも、小学校の卒業式後に立ち寄ってくれ成長姿を見せてくれるなど、みんなに愛されている保育園です。



*:.,.:*創造性・探求心を育む保育*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
温厚な土地柄もあり、近所の方が突然保育園に来訪し手伝い「今、牡丹の花が見ごろだから見にいらっしゃい」と、お招きをいただきました。子どもたちでお庭にお邪魔したところ、大輪の花に驚く子どもたち。地域の方々にも温かく見守られています。
夏の野菜や花を育てる前に「植物」について知っていることを話し合いました。
「すいかは おおきいから“き”になるよ!」
「いとこんにゃくは じめんからはえる。」
「“き”になるもの、にく(肉)!」
「タンポポがおおきくなると ひまわりになるよね」
子どもたちの発想力に驚きながらも、想像性が高まるよう、子どもの世界を広げ、また、それができる環境をさりげなく創ってあげながら、サポートしています。


◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるよう、保育に関わるすべてのスタッフで取り組んでいます。

拠点 レイモンド庄中保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンド小牧保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【築40年の歴史ある園舎】黒板で自由に表現活動
【繋がる保育】卒園生が植えた植物・他園から譲り受けた種の栽培♪
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

◇◆【レイモンド小牧園の魅力を紹介します】◇◆
*:.,.:*子どもの好奇心・探求心を引き出す保育*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
子どもたちは毎日、自分のしたい遊びを思う存分楽しんでいます。
園庭には、四季折々の花が咲き、畑では子ども達が季節の野菜を育て、出来た野菜はみんなの給食に出されます。また、園庭の片隅に所狭しと植えられているのは、数年前に卒園した子どもたちが種を撒いた赤シソです。このシソは子ども達が作る梅干しに使われます。
そうした出来事一つひとつが子ども達とつながっています。

先日は糸こんにゃくの感触を楽しみました。
「何だろう」と不思議そうに触ると、ヌルヌルしていてビックリ。
玩具のトングを使って慎重に、器から器へ入れ替えて楽しんでいました。

檸檬会は全国に保育園があり、東京にあるレイモンドの保育園からフウセンカズラの種をいただきました。
「フウセンカズラってなに?」というところから、図鑑で調べ、種がハート型ということに気づいたようです。
ゴーヤのプランターと隣同士で植え、大切に育てていましたが、なかなか芽が出ない様子。
子どもたちは毎日「早く芽がでますように」とお祈りしていました。
約一週間後、ついに芽が出てきたことを発見すると、観察日記を書いていました。
どんなささいな日常の出来事でも、大人が押し付けたり誘導するのではなく、子どもの探求心を深めていくことを大切にしながら、子ども本位の保育を行っています。



"*:.,.:*さまざまな経験が人間形成の糧になる*:.,.:*
小牧駅から徒歩10分の閑静な住宅街に建つ園舎は、築40年以上という歴史があり、長い年月、沢山の子ども達の成長を見届けてきました。
室内の各クラスには黒板があり、子どもたちは、その黒板へ絵を描いたり作品を飾ったり、自由に表現できる場となっています。
広いプールが常設されているのも特徴的です。泡製造機に保育者がせっけん液を付けて息を吹きかけると、もこもこもこ~と現れる泡に、みんな目を輝かせて見入っています。
マリーゴールドがたくさん咲いたので、水の中で絞ってみるときれいなオレンジ色の水ができました。コップにお水を入れ、並べてみてうっとり眺めていた子どもたちです。

その後の人間形成に大きな影響を与えるといわれる乳幼児期に、いろいろな経験をし、愛情を感じて育ってほしいと思っています。
楽しかったこと、嬉しかったこと、頑張ったこと、悔しかったこと…そのすべてが糧となり、やさしさや思いやりがエッセンスとなって自分を大切にしながら成長していくことでしょう。
私たちは、子どもの好奇心、「なんだろう?」の探究心を引き出す園作りを心がけています。



◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるように導くのが、当園の保育士の役割です。

拠点 レイモンド小牧保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|豊山町立青山保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【地域交流が盛ん】保育園・児童館・学童・コミュニティセンターが一体
【遊び込めるコーナー】大人が押し付けるのではなく、子どもがやりたいことに夢中になれる
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも


◇◆【豊山町立青山保育園の魅力を紹介します】◇◆

*:.,.:*探求心を育む保育*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
豊山町立青山保育園は、大都会・名古屋の隣ににもかかわらずとてものどかな町にあります。保育園・児童館・学童・コミュニティセンターが一体となっており、地域の皆さまとの関わりが多い中で、子どもたちはのびのびすくすくと育っています。
室内は子どもたちが興味のある遊びを自ら選択し、自分で取り出せ、片付けられるコーナー保育を取り入れています。乳児幼児と発達に応じた玩具とともに、ゆったりと過ごせるコーナーや絵本コーナー、幼児クラスにはいつでも実験遊びができるような道具を揃えるなど、毎月、子ども達の姿を元に、環境構成の見直しをしています。また、構成あそびが豊かになるように、積み木やカプラを充実しました。子どもの主体的なあそびが展開され、集中力や表現力、人との関わり方がより豊かに広がる環境となっています。
乳幼児期の発達に必要な園庭環境とは?と、職員間で話し合いを重ねながら、改善してきました。大きな砂山を作り、身体のさまざまな動きが楽しめるようになったり、泥と砂など子どもたちがいつでも思うように遊べるように、ミニプールを埋め込み、もう一つ砂場も作りました。古タイヤや棚を園庭に置いたり、摘んで楽しめるように植物も増やし、子どものあそびがより豊かになりました。


。*:.,.:*先生も生徒も、自分らしく過ごせる環境*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
室内は一般的な保育園にあるような動物・キャラクターなどの壁面装飾はありません。行事も0.1.2歳の子どもたちが主体的に親しめる特別な日として実施しています。子どもも大人も毎日笑顔いっぱい、元気いっぱいで楽しく過ごしています。
地域の方のご協力で、園の近くの畑に、サツマイモの苗を植えました。何年も、お世話になっている方で、春はじゃがいも収穫も体験させていただいています。
保育士はそれぞれの特技や得意なことを活かしながら子どもたちと関わっています。子どもたち・保護者のみなさん・職員も含め、心地よい場所でありたいと願っています。
あなたもぜひ、あなたらしく、保育を楽しんでいただきたいと思っています。

◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるように導くのが、当園の保育士の役割です。

拠点 豊山町立青山保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|レイモンドあしびなー保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【ゆとりある空間】オフィスビル2階で年齢・発達にあわせた空間
【探求心を刺激】子どもたちの「なんだろう」を大切にした保育
【コーナー保育】遊びこめる空間
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

*:.,.:*地域と一緒に育むこども園*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
レイモンドあしびなー保育園は「美栄橋駅」「牧志駅」から徒歩8分。オフィスビルの2階にある保育園です。園庭はありませんが、近くには公園や広場がたくさんあり、お散歩に出かけることも多くあります。
室内は安全に配慮した、ゆったりとした空間で、年齢・発達にあわせた手作り玩具も楽しめ、探求心を刺激する工夫するが細部にまで考えられています。
2、3,4歳児の部屋は、大きい窓があり、陽光が差し込む明るい空間です。
異年齢で遊ぶのも大切なこと。子どもたち同士で刺激や思いやり、優しがが育っています。夏は室内に巨大プールを設置し、水遊びをすることもあります。
行事は大人のための行事ではなく、普段の遊びの過程を大事にしたものを行っています。
0歳の乳児は、特定の保育者が食事・おむつ替えを行う育児担当保育を行っています。きめ細かい丁寧な保育を行うことで、子どもは保育者を信頼し、安心してのびのびと園生活を送ることができます。乳児期の大人との愛着関係の形成は、健やかな成長に欠かせない大切なものです。


*:.,.:*想像力豊かな子どもたちの世界*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
檸檬会の特徴である「コーナー」保育は、子どもが様々なものに興味を持ち、自分で選択して、集中して遊びこめる環境です。子どもたちの発達や、保育者が子どもたちに出会わせたいものを意図的に配置することもありますが、関心を持ってほしいこと、気付いてほしいことやモノをさりげなく配置し、子どもの興味・換気を喚起しています。
「春を見つけてみよう」と投げかければ、子どもたちが思い思いの春を探してきます。春の花を摘んでルーペで見てみたり、図鑑で調べたり。絵を描く子もいれば粘土で再現して色付けをする子もいる。どこまでも、子どもたちの「知りたい」「やりたい」を追求する保育を実践しています。
始めは電車のレールを繋げて遊んでいた女の子2人。その後、積み木をもってきて「かわいいの作るからね!」とおうちやトンネルを作り始めました。できあがると満足し、おままごとへ…すると今度は違う子が来て電車遊びを楽しんでいます。繋げ方を変えたり、積み木を組み合わせたり、クッションをもってきて「これは川だよ」と色々なイメージが広がり町のようになっていました。“かわいいの作る”と言っていた遊びから色々な遊び方へ変化していき、1つのおもちゃでも色々な楽しみ方を見つけられる子どもたちです。
石を探しては、一か所に集めている女の子。「何をしているの?」と聞くと、「あのね、種を植えているの。そして種から青虫が出てきて、さなぎになって、きれいな蝶々になるんだよ」と教えてくれました。大人から見たら石を集めているのですが、しっかりとイメージがあり、理由があったんですね。大人からすると少し困った事でも、子どもたちの中にはしっかりと理由があるのでしょうね。、子どもたちとの会話から、保育者もたくさんの刺激を受ける毎日です。
あしびなーのスタッフ全員が?保育者のプロ”として、子どもたちとたくさんの事に向き合い、見守り、お互い助け合い、学び合いながら「子どもたちにとって最善の利益は何なのか?」をいつも最優先に考え、大切に一歩ずつ歩んでいきたいと思っています。


◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるよう、保育に関わるすべてのスタッフで取り組んでいます

拠点 レイモンドあしびなー保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|れもんのこ草津保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【小規模保育園】0・1・2歳の小規模保育施設
【コーナー保育】興味のあるもので遊びこみ、片付けまで自主的に行う
【育児担当制】愛着関係を形成できる体制
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも


*:.,.:*0歳~2歳の小規模保育施設*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
れもんのこ草津保育園は、0・1・2歳の子どもたちが過ごす小規模保育施設です。4年前にできた建物で、駅から近い立地にありますが、車で送迎することもできます。保育園から徒歩5分圏内にJR線を見るスポットや公園、広場、草津駅があり、お天気の日は毎日散歩に出かけています。
室内にはキャラクターものが一切ありません。これは法人の考えでもあるのですが、乳幼児期の生活環境は、原風景として子どもの記憶に残り、大人になってからの感性にも大きな影響を与えます。子どもを幼稚な存在と決めつけ「かわいく」飾り立てるのではなく、美的センスや色彩感覚と養う基礎的な時期として「美しさ」と「学び」という基準で室内空間を創っています。
また、子どもが興味を持ちそうな環境を作り、それを自分で選択し、集中して遊びこめるコーナー保育を取り入れています。片付けも自分たちでできるよう配置しているのも特徴的です。


*:.,.:*第二のおうちのような場所*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
小規模保育園ならではの丁寧なかかわりの中で、大人との愛着関係を育んでいるのも当園の特徴です。
子ども3人に対し、保育者1名という割合で、特定の保育者が食事・おむつ替えなどを担当します。これにより、子どもは保育者を信頼し、安心してのびのびと園生活を送ることができる。子どもの笑顔があふれる「第二のおうち」のような存在であることを大切にしています。
行事も大人が押し付けるのではなく、子どもたちが主体的に親しめる特別な日として実施しています、また月に2回の異文化交流で、多様性に触れる機会を大切にしています。
保育者としては、個性を活かせる活動を行える環境です。ものづくりが得意なW.Mさんは、子どもたちの表現活動や玄関飾りなどでセンスの良さを活かし、子どもの美的センスを育んでいます。いつも穏やかで子どもたちからも大人気です。あなたも、自分らしさを発揮し、子ども主体の保育に全力で取り組んでみませんか?


◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるよう、保育に関わるすべてのスタッフで取り組んでいます。

拠点 れもんのこ草津保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|れもんのこ安土保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【アクセス便利な立地】徒歩圏内に公園や広場、駅など【遊び込めるコーナー】大人が押し付けるのではなく、子どもがやりたいことに夢中になれる
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも


◇◆【れもんのこ安土保育園の魅力を紹介します】◇◆

*:.,.:*自然豊かな環境にある0から2歳の小規模保育園*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
れもんのこ安土保育園は「安土駅」から徒歩12分、0歳~2歳19名の小規模保育園。園から徒歩圏内に公園や広場があり、お天気の日は毎日散歩に出かけています。
子ども達が毎日楽しく、笑顔あふれる生活が送れるように配慮して、子ども達の小さな成長を保護者の方々と一緒に喜び、共有していてます。ここで生活する3年間の乳児期は、子どもの成長にとって最も大切な時期。そんな大切な時期のお子さまをお預かりするというのはとても責任あり、重大なこと。十分な愛情をそそぎ、どの子も愛されている喜びを十分に感じられる保育を心がけています。
室内は子どもたちが興味のある遊びを自ら選択し、自分で取り出せ、片付けられるコーナー保育を取り入れています。乳児幼児と発達に応じた玩具とともに、ゆったりと過ごせるコーナーや絵本コーナー、幼児クラスにはいつでも実験遊びができるような道具を揃えるなど、毎月、子ども達の姿を元に、環境構成の見直しをしています。
小規模保育園ならではの丁寧なかかわりの中で、乳児期の愛着関係をしっかり形成いたします。家庭的な雰囲気の中で、子どもが安心できる、子どもの笑顔があふれる「第二のおうち」のような存在になるよう努めています。

。*:.,.:*先生も生徒も、自分らしく過ごせる環境*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
室内は一般的な保育園にあるような動物・キャラクターなどの壁面装飾はありません。行事も0.1.2歳の子どもたちが主体的に親しめる特別な日として実施しています。子どもも大人も毎日笑顔いっぱい、元気いっぱいで楽しく過ごしています。
保育士はそれぞれの特技や得意なことを活かしながら子どもたちと関わっています。子どもたち・保護者のみなさん・職員も含め、心地よい場所でありたいと願っています。
あなたもぜひ、あなたらしく、保育を楽しんでいただきたいと思っています。

◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるように導くのが、当園の保育士の役割です。

拠点 れもんのこ安土保育園

job-image
  • 2023年新卒採用
  • 正職員

保育士|正職員|れもんのこ近江八幡保育園|23年4月入職

◇◆【ココが魅力】◇◆
【ぬくもり溢れる環境】古民家を改装して造られた園舎
【園庭も】自然豊かな環境で、のびのび遊べる
【人間関係抜群◎】お互いリスペクトしあう仲のよいスタッフ
【理念】大人の都合で押し付ける保育ではなく、「子ども主体」の保育
【相談しやすい環境】全国の檸檬会職員と繋がるSNSも

*:.,.:*古民家を改装した園ならではのぬくもり溢れる環境*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
れもんのこ近江八幡保育園は近江八幡駅から徒歩5分、駐車場も完備しており、電車でも車でも利便性が高い園です。
敷地には畑や田んぼが隣接しており、春には桜並木が園から見え、夏には田んぼから聞こえるカエルの声、秋には隣の地域の方お借りしている畑で、春から育てているサツマイモを掘って生命の育みを体験します。冬になれば畑の横で雪遊びなど、園で隣接した場所で四季を感じながらのびのびと生活できる環境です。
園舎は古民家を修繕した創りで、小さな階段や縁側があり、懐かしい雰囲気。毎日の園庭の出入りや生活の中で、自然と体の使い方が身につきます。保育室は全室床暖房を完備しており、寒い季節も過ごしやすくなっています。
小規模保育園では珍しく敷地の中に園庭があり、そこではイチゴやきゅうり、トマト、かぼちゃなどを育てたり、土遊びをしたり、夏にはプライバシーを十分確保した環境で水遊びを楽しみます。すべての保育室が園庭に直接つながっているので、子どもの「外で遊びたい」という意欲にすぐに答えることができます。子どもたちは、こころを動かされる体験に出会い、たくさんの不思議に出会います。
その「なんだろう」という想いを丁寧に摘み、生活の中で深めていくのが当園の保育の在り方です。


*:.,.:*当園のスタッフを紹介します*:.,.:*
ーーーーーーーーーー
・近江八幡市で保育を経験してきたAさん。お迎えの際には保育の様子のほかに家庭にあった子育て支援の情報も伝えています。家庭での子育てにも役立つと評判です。
・ベテランのBさん。この町の保育の移り変わりをずっと経験してきているので、保育経験をこれから積み重ねていく保育士さんの疑問にもわかりやすくなんでも答えてくれます。
・2年目の保育士のCさん、経験豊富な園の先輩に囲まれて、個別相談も自信をもってできるようになりました。先輩から教えていただいたことを受け継ぎ、次は自分が新人保育士さんを育てていきたいと話しています。
・園の場所を同じ自治会に住むパート保育士のDさん。地域の方とのつながりを先頭に立って進めてくれています。
・子育てしながら勤務しているパート保育士のEさん。発達の理論はばっちり、一人ひとりの育ちの本質を分析して説明してくれています。確かな目は迷ったときの道しるべです。
・ちょっとパソコンが苦手だった保育士のFさん。最近導入された保育システムに最初は戸惑いましたが、これも慣れだと割り切って勉強し、最近は「もっとテキパキ動くパソコンを買ってください」と意欲的です。
・みんなのシフトの空白に入ってくれるパート保育士のGさん。朗かな性格で、子どもたちと会う時間が少なくても子どもたちは安心して過ごしているようです。
・「食の安全は私が守る」と力強い調理員のHさん。食に関して、全幅の信頼を得ています。食の安全に関して抜けてるとでんでん太鼓が聞こえてきます。


◇◆【私たちが大切にしていること】◇◆
檸檬会のビジョンは「本当に子どものための保育を」。
1日のスケジュールを先生が決めて、「これから◎◎の時間です」と指示を出す「大人の都合の保育」ではなく、子どもが様々なものに興味を持ち、自分たちで考えて行動できるよう、「子どもの主体性を大切にする保育」を実現しています。
子どもの遊びが深まるとき、そこにあるのは探求心。
「なんだろう」の向こうには、どんな世界があるのだろう?と、子どもたちが自らその扉を開け、踏み込んでいけるように導くのが、当園の保育士の役割です。

拠点 れもんのこ近江八幡保育園

47 件中 1-10 件を表示
〈 前のページへ 1/5