logo
logo

インフラエンジニア(New!)

拠点 技術部

●業務内容
既存のサービスの保守を行いながら、継続的な拡張を行い、 お客様により良いサービスを提供すること という、サービス志向を意識した開発を行っていただきます。

具体的には、以下のいずれか複数(あるいは全部)が挙げられます。
1.自社サービス(資産運用サービス THEO[テオ] 、その他金融機関向けB2Bシステム)のサービスインフラ設計、構築、運用
2.上記1のサービスインフラの保守、メンテナンス、自動化
3.情報セキュリティ戦略に基づいた、上記1のサービスインフラについての情報セキュリティ施策(アクションプラン)の立案と実行

●プロダクトが抱える課題
サービス開始から5年が経過し、プロダクトについてはまさに成長期を迎えている中、モノリシックなサービスのマイクロ化、業務プロセスの効率化、B2B2C事業の急拡大に伴うサービスのより高度なプラットフォーム化など、解決すべき課題はまだまだたくさんあり、事業を継続しながらより強いプロダクトを作り上げていくという、複雑なミッションに取り組んでいます。
現状に満足せず、世の中にまだないサービス・商品を生み出していく事、今の10倍20倍の規模を支えられるシステム基盤飲み直し、徹底的な自動化推進など、やれること、やらなければいけない事はまだまだ沢山あります。

●現在の開発課題
過去在籍していたエンジニアも含め、色々と属人化してしまっているものを属人化せず、自動化などで誰でも扱えるように改善していきたいと考えていますが、その為の手数が足りていません。また、創業当初から稼働しているアプリケーションが様々な変遷を経た結果、そろそろ機能拡張などをするにも限界を迎えそうなのでリプレースしたいと考えていますが、その為の手数も足りていません。

●得られる経験
サービス企画や機能追加をする段階からエンジニアも打ち合わせに参加してビジネス側の要求や要件を把握(意見を述べることももちろん可能)しながら開発を行い、リリースまでを進めていけるので自社サービスの最初から最後までを経験することが可能です。
また、設計及びリファクタリングに力を入れて開発に取り組んでいるのでより良い設計とは何かを考えながら開発を実践して自身のスキルレベルをブラッシュアップしていけます。加えて、自分が携わった機能のユーザーへのインパクトを肌で感じることができます。

●メンバー構成
技術部門は、大まかに分けてフロントエンド・サーバサイドチーム、インフラチーム、プロジェクトマネージャーチームに分かれていますが、組織としては非常にフラットな(悪く言えばみんなで頑張る)組織です。

採用情報
必須スキル・経験 ●スキル・経験
・概ね応用情報技術者試験相当の以下の知識
 ・情報技術に関する基礎理論
 ・サーバー、ネットワークの基礎知識
 ・情報セキュリティの基礎知識
・BtoCサービス本番環境の設計・構築・運用・監視
・AWSでの、コンテナ環境(ECS, Kubernetes)の設計・構築・運用・監視

●言語・レベル
・情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能を有する
 ・経営戦略・情報戦略の策定に際して、経営者の方針を理解し、経営を取り巻く外部環境を正確に捉え、動向や事例を収集できる
 ・経営戦略・情報戦略の評価に際して、定められたモニタリング指標に基づき、差異分析などを行える
 ・提案活動に際して、提案討議に参加し、提案書の一部を作成できる
・システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能を有する
 ・アーキテクチャの設計において、システムに対する要求を整理し適用できる技術の調査が行える
 ・運用管理チーム、オペレーションチーム、サービスデスクチームなどのメンバとして、担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行える
プロジェクトメンバとして、プロジェクトマネージャ(リーダ)の下でスコープ、予算、工程、品質などの管理ができる
 ・情報システム、ネットワーク、データベース、組込みシステムなどの設計・開発・運用・保守において、上位者の方針を理解し、自ら技術的問題を解決できる
歓迎スキル・経験 ●スキル・経験
・Kubernetes
・AWS Cloudformation
・Datadog
・CircleCI
・Shell Scripts、Power Shell等のスクリプト言語
・なんらかの言語でのアプリケーション開発経験
求める人物像 ●こういうことをやりたい人を募集してます
・ビジネスのスケールに併せて自社サービスの開発をやってみたい人
・モデリングをしながら各種アプリケーションの開発をやってみたい人

●求めるマインドセット
・社会課題や会社に対する当事者意識、志、オーナーシップがあること
・多様性を受け入れ、自分から学んでいくことができること
・変化に適応し、楽しむことができること
・サービス志向のエンジニアであること
・学習意欲、前向きなマインドを持って仕事を進められる人
必要資格・ライセンス 以下のいずれか
・応用情報技術者試験
・高度情報処理技術者試験
その他要件 ●開発スタイルについて
・開発環境・ツール
- 採用されたら使う技術
- 言語
- java
- フレームワーク
- spring-boot
- データベース
- sqlserver, mysql, postgresql
- 情報共有ツール
- slack, zoom
- その他
- circleci, amazon-web-services, docker, kubernates, google-cloud-platform, firebase, sentry, digdag, figma
- その他、現場で使われている技術
- 言語
- python, go, ruby
- フレームワーク
- curiostack, armeria, ruby-on-rails
- その他
- kibela, redash, grpc

●開発体制
・OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
・企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
・「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
・本番デプロイするコードには全てコードレビューが入りコード品質の向上を図っている

●開発の流れ
・開発は、チケットドリブンで回しており、継続的なリリースを1週間~1ヶ月程度のサイクルで行っています。
・コードレビューはgithubを用いたプルリクベースで行っており、CI/CDを通して最終的にほぼすべてのサービスはクラウド上でコンテナ技術/サーバレス技術を組み合わせて稼働しています。
勤務地

東京都

定員 1 名
募集拠点

技術部

東京都港区