logo
logo

nana's green tea は「食」と「おもてなし」で人の笑顔、感動、幸せを追求し続けます

nana’s green teaがお客様へのおもてなしで大切にしている3つの要素 「空間・商品・人」一つ一つを丁寧に。お客様の喜ぶ顔を想像しながら日々取り組んでいます。その内の一部をご紹介します。

空間

nana’s green teaの茶を核商品として提供する私たちは、お店を茶室として捉え

 

全店に共通する空間デザインコンセプトを「現代の茶室」としています。

 

茶室の意味や機能性を紐解きながら、その地域の歴史や文化を取り入れて1店舗ずつデザインを変えています。

そして、日本のおもてなし文化が詰まった茶室を演出するのに欠かせない「四季」を感じられる演出を取り入れています。

 

その1つが「茶花」。nana’s green teaでは、茶室に花を生けるように毎月季節の花をテーマにしたグラフィックを掛け替えて、お客様に季節の移ろいを感じていただけるようにしています。その他に、源氏物語をモチーフにしたオリジナルデザインのグラフィック「源氏香パネル」という掛け軸を表現したパネルでも店内の季節感を演出しています。

 

オリジナリティと遊び心あふれる空間の何気ない一つ一つの演出に独自のおもてなしの心を表現しています。

 

それは働く私たちにも、毎日の忙しい業務の合間にほっと一息つかせて、心落ち着かせてくれる瞬間を与えてくれます。

Ngt 4th sep cyabana 9月の茶花「桔梗」(キキョウ)

商品

私たちが食に対する考え方で大切にしていること、それは「素材のクオリティ」です。

主要食材となる、日本茶や抹茶はもちろん、お米や鮪、寒天やあずきなど、一言では説明しきれないほどこだわりにあふれています。

例えば、代表的な食材の「抹茶」は、提供する温度や組み合わせる食材によって、一番美味しく召し上がっていただける抹茶はどの抹茶か?!と、毎回検討しながら、独自にブレンドしたものを使用しています。

昔から愛される日本の食を現代の食生活に合わせ変化をさせ、安心して召し上がっていただける食材を日々追求し、一つ一つ気持ちを込めて開発しています。

 

お店に届く食材や商品には、生産者や開発者の思いが詰まっています。その思いを形にするのが店舗スタッフです。商品作成をするスタッフがそれぞれの思いを受け取り、「美味しくお客様に届けよう」と更なる思いを込めて作られた商品は輝きを持ってお客様へ届けられます。

厳選した食材と美味しい商品でお客様に笑顔を届けたい。そんなおもてなしの心を持って、お客様にお届けしています。

%e6%8a%b9%e8%8c%b6%e3%81%a8%e6%89%8b  1

人(スタッフインタビュー①)

働く私たちのスローガンは「おもてなし」です。 どんな空間・商品そして接客(人)でお迎えしたら、お客様に笑顔や感動を提供できるだろうか…と、常に考え想像して行動すること、それを「おもてなし」と考えています。 アルバイトだから、社員だからといった立場は関係なく、一期一会の出会いを大切にしながら、スタッフ一人一人の自分が考えるおもてなしでお客様をお迎えしています。「おもてなし」に決まった答えはありません。 働くお店の演出の意図や食材の良さを伝えること。整理整頓された気持ちの良い空間でお迎えすること。素敵な笑顔やちょっとした気遣いでお客様に安心してご利用いただくこと。など、ほんの些細なおもてなしでも、積み重なれば大きな感動へと変化していくと考えています。 そんな思いを持ったスタッフのインタビューを少しだけ紹介させていただきます。

◆入社2年目  Iさん

Q,1 やりがいを感じることはありますか?

はい!あります。

やはり、自分がお客様のためを思い行動に移すという、おもてなしの行動をお客様へ提供することから、お客様から嬉しいお言葉をいただけたときはやりがいを実感できます。

飲食業は様々な人と触れ合う場所なので、行動を起こせばその分結果が見えてきます。

例えば、「美味しかった」「また来るね」など、直接嬉しいお声を聞くことができます。

また、新たな仲間と出会えることで、協力しながらお互いを高め合える場所になっていると感じています。

 

Q,2 実際に働いてみて、最初の印象と違ったところはありましたか?

入社した当初は、メニュー名なんて全部覚えられないかも…と不安でいっぱいだったのを覚えています。でも、実際やってみると自然に覚えて身についていました。実践あるのみです!

Dsc 5408 draft まずはチャレンジあるのみ!

人(スタッフインタビュー②)

◆入社3年目 店長2021年6月に着任 Mさん

Q,3 大変だと感じるところは?

店長を任せていただいてからは、伝えることの難しさを日々痛感しています。スタッフ全員への情報共有・お店のルール徹底などは、ただ伝えるだけではなく、全員が理解し、前向きに取り組めるようにわかりやすくしないといけません。伝えた後のフォローアップも重要だということも改めて感じています。

ただ、店長だからと言って一人で全部やらなくては!と考えるのではなく、お店にいるスタッフみんなで「どうしたらお客様に喜んでいただけるか」というおもてなしの気持ちを共有し、日ごろからスタッフとのコミュニケーションを大切にし、相談しやすい環境を整えることを心掛けています。

スタッフ一人一人がアイデアを伝えやすい環境づくりも心掛け、お店にいるスタッフ全員でより良いお店作りを考え、想像して行動できるように取り組んでいます。

 

 

◆入社3年目 アルバイトスタッフ 学生のNさん

Q,4 実際働いてみてどうですか?

他の飲食のアルバイトをしていましたが、新しいことにチャレンジしてみたいと思い、3年前にオープニングスタッフ募集を知って始めてみました。働いてみると大変な部分もあったけど楽しい部分の方が多かったです。来年の春には卒業を迎えるので、今はしっかり新人スタッフに教育をし、お店に貢献してから卒業することを目標にしています!!

Dsc 5294 draft やりがいと楽しさを感じられる職場です!

人(スタッフインタビュー③)

◆入社5年目 店長兼サブエリアマネージャー Mさん

Q,5 nana’s green tea に入社したきっかけは何ですか?

求人サイトを見ていた時に、nana‘s green tea を見つけました。

「現代の茶室」という店舗デザインコンセプトや、生産者様が丹精込めて作った食材をお客様へおもてなしを通じ提供する理念や、海外に日本のお茶や食文化を発信している姿勢に共感し入社しました。

 

Q.6 今後の目標は?

お客様にもスタッフにも居心地の良いお店だと思ってもらえるような環境作りをすること。そして、毎月しっかりと利益を上げていくことが今の目標です。

また、3年後には会社の企業理念にもあるように、「人の笑顔、感動、幸せを追求し続ける」豊かで、幸せであり続けられる会社を目指す企業の一員として、中心的な存在となって働いていたいと思っています。

Dsc 5475 draft 共に頑張りましょう!
map