logo
logo

子供の無限の可能性を解き放ち、学びの形を進化させる。

Classiについて

Classi株式会社は、「子供の無限の可能性を解き放ち学びの形を進化させる」を理念に、2014年に株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社によって共同設立された、先生・生徒向けのクラウド型学習支援サービスを提供する会社です。

 

生徒向けには、一人ひとりに合わせた難易度の『Webテスト』や、授業外でも学べる学習動画の配信、先生向けには、個々の生徒のデータを一元管理できる『生徒カルテ』や、生徒・保護者宛にオンラインで連絡できる『校内グループ』などのサービスを、全国の高校の約4割にあたる2,100校以上(約5,500校中)、生徒約80万人(約320万人中)以上に提供しています。

Classiは、クラウドサービスによるきめ細やかな教育を実現することで、生徒の可能性を広げることを目標に掲げています。

●きめ細やかな教育の実現のためには、日々生徒に接している現場の先生方をサポートすることが大切

生徒にとって、先生の存在ってすごく大きい。なのに、これまでは先生が生徒一人ひとりに対して最適な指導をすることが難しく、例えば成績だけを頼りに進路指導が行われるなど、どちらかといえば画一的な教育が行われていました。

 

一方、Classiが提供するサービスを利用することで、定期テストの点数や成績表だけでなく、普段の 宿題の進み具合や、その生徒が何に興味を持っているかのメモなど、細かい情報を一元化して管理することにより、より一人ひとりに合った教育が可能となります。

 

そうして蓄積した生徒のデータをグラフなどで可視化し、生徒と先生、そして保護者みんなで共有することによって、よりお互いを信頼しあった教育相談 や進路指導ができるのではと考えています。

 

●先生・生徒・保護者間の円滑なコミュニケーションをサポート

例えば、生徒が授業のことで先生にちょっと相談したくても、急に職員室を訪ねるのはハードルが高いと思います。そういうときに、Classiのオンラインコミュニケーションツールを使って事前に先生に声をかけることができれば、相談しやすくな ります。

 

また、宿題の提出状況をオンラインで見て、やっていなかったらその生徒に個別に声かけをするなど、生徒がキャッチアップしやす いコミュニケーションを取れるようにするメッセージングツールも開発しています。

 

●Classi IDひとつで様々な教育サービスが利用可能にする「Classiプラットフォーム」

よくあるオンライン教育システムは、動画配信など、学校外で生徒に働きかけるものがほとんどです。一方Classiは先生を軸にした、学校内部で使えるサービスなのが大きな強みです。その分シェアも大きく、教育の根幹部分にアプローチして変えていくことができます。

 

また、英語学習やプログラミング教育、キャリア教育、といったサードパーティアプリの各社がClassiのプラットフォームに参画していることも、 他にはない大きな特徴です。

 

●2020年の教育改革、生徒の主体的な学びを育む「Classiポートフォリオ」提供開始Classiポートフォリオ

2020年以降の大学入試では、高校3年間の活動レポートを大学に提出することもあるのですが 、その際に蓄積した記録をまとめられる、ポートフォリオと呼ばれる学びのアルバムの作成機能をリリースしました。

 

Classiのサービスは現在も成長中。変化していく教育現場、また加速していくIT化をふまえ、ますます今後の拡大が期待されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 05 21 18.40.30

Classiの組織と強み

Classiのサービスを支える開発部門には、さまざまなバックグラウンドを持つ人が集まっています。

ウェブ業界やSIerなど、さまざまな出身のエンジニアが在籍しており、ジョイントベンチャーということもあって出向してきたメンバーや業務委託の方が在籍しています。

 

●企画、マーケティングとの連携、チームで協力して開発する体制

当社は、『学習チーム』『カスタマーサクセスチーム』など、取り組む課題別にチームが分かれ ており、エンジニアだけではなく、企画やマーケティングの担当を含めて編成されています。ですので、常にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることが大切です。

 

教育業界は少し複雑な部分もあるので、開発・営業の垣根を超えて話し合わないと理解が進みません。その分、困ったときはお互い助け合う文化が浸透しています。

 

また、学校との連携も密で、エンジニアが直接学校に出向き先生の意見を伺うこともあり、サ ービスを自分で変えていけるという実感が持てます。

 

●大企業のジョイントベンチャーでありながらベンチャー感が強く、自立した組織

ベンチャー感は意図して残しています。組織が硬直してしまうとスピード感が出ないので、個々が判 断でき、チャレンジしやすい組織であるよう意識しています。

 

また、一人ひとりが会社に与える影 響も強く 、社内制度も誰かがあげた声から次々と生まれ、整備されていきます。

 dsc6035
企業情報
設立年月日 2014年4月4日
代表者 代表取締役社長 山﨑 昌樹
代表取締役副社長 加藤 理啓
株主 株式会社ベネッセホールディングス
ソフトバンク株式会社
事業内容 学校教育におけるICT活用の推進(教育プラットフォーム事業)
所在地 〒163-0415
東京都新宿区西新宿2丁目1-1
新宿三井ビルディング 14階